タオルで簡単!首コリ肩こり解消ストレッチ

2019年6月25日

セルフストレッチもタオルを使うことで
ちょっとした工夫をすることができます。

タオルを使用するメリットとしては
①姿勢が安定する
②より強度を増すことができる
③伸ばしにくい筋肉を伸ばすことができる

当然、タオルストレッチではできない
こともありますが、普段とは違った
感じのストレッチをしたい方には
おすすめです。

こちらもどうぞ  ストレッチをするベストなタイミング・・・朝?夜?

ちなみに、↑こちらの記事にも書いている
ようにストレッチをするのに一番効果を
発揮できるのは夜の入浴後です。

入浴した後、もちろんタオルを使用
すると思います。

そのまま、タオルストレッチをして
いただくのもいいかもしれませんね(^-^)

今回は、タオルを使って
首コリと肩こりを解消させる
ストレッチをご紹介させていただきます。

ストレッチする際の注意点
・1つのストレッチは20秒~30秒 を目安に行う
・自分で「伸びてるな」と感じるぐらいでOK
・痛みがある場合無理をしない
・写真では左右どちらかしか
してませんが両方しましょう 。

首コリを解消させるタオルストレッチ

では、まず首へのアプローチです。

Left Caption

院長

始める前に首を前後左右に
動かしてみて、
動かしにくい方向や痛みが
出てしまう方向を確認
して
から行うとストレッチした
後の変化がわかりやすいですよ

ストレッチ 椅子
まずは座った状態から始めます
ストレッチ 首
タオルを両手で掴み、頭の後ろに
当てます。これがニュートラル
ポジションになります。
首 ストレッチ

そのままゆっくりと斜め下に
タオルを引っ張ります。
すこしきついと感じる方は
両手でタオルを引っ張る力を
弱め強さを調整しましょう。

首 ストレッチ

今度は逆に斜め上方向に
ストレッチしましょう。
両手を目線の斜め上に向けるのが
ポイントです。

首 ストレッチ

一旦ニュートラルポジションに
戻してから、今度は斜め下に
タオルを引っ張りストレッチ
してみましょう。

ここで伸ばす筋肉は非常に
大切な筋肉なんですよ。
寝違いの時痛めやすい場所です。

首 ストレッチ
反対も同様に行います。

肩こりを解消させるタオルストレッチ

では、次は肩こり解消ストレッチです。

肩甲骨を動かすストレッチ体操

肩甲骨 ストレッチ

背中の後ろでタオルを掴んだ状態で
まずは上方向 に(右手で)タオルを
矢印の方向に引っ張ります。
今度は逆に下方向 に(左手で)タオルを
矢印の方向に引っ張ります。

その時肩甲骨が動いているのが
わかると思います。

Left Caption

はてな子

10∼20回で背中が温かく
なってくるのを感じれる
と思います。
背中の血流が良くなっている
ってことですね!

肩こり解消大きな筋肉のストレッチ

肩こりは首~肩周りだけでなく
肩甲骨や背中の筋肉も大いに
関係してきます。

ここでストレッチをするのは
大胸筋・広背筋という比較的
大きな筋肉です。
広背筋 ストレッチ
広背筋
画像出典元:wikipedia

大胸筋 ストレッチ

大胸筋
画像出典元:wikipedia

背中 ストレッチ

バンザイのように両手を上に挙げた
状態でタオルを持ち、まずはゆっくり
右側へ体を倒していきましょう。
その際、左わき腹が伸びているのを
感じれれば正解です。

背中 ストレッチ
反対側も同様に行います。

ストレッチ タオル

タオルを持ったまま前屈していきます。
肩こり ストレッチ

そのまま体を起こし今度は
腕を挙げたまま背中を反っていきましょう。

肩こりだけでなく腰のストレッチにも
有効
 です。

両手を広げすぎるのがつらい時は
短めでタオルを持っていただいて
かまいません。

まとめ

今回はタオルを使用しての首~肩こり
解消ストレッチをご紹介させて
いただきました。

普通のストレッチと違うのは
比較的、力の調整がしやすい所だと
思います。
強くも弱くもできるので、お好みに
合わせて行って下さい。

今回は上半身のみでしたがタオル
ストレッチの種類も様々なので
またここでも紹介させていただきますね!