ストレッチとマッサージ体に良いのはどっち?

体をケアしていく上でストレッチとマッサージは
非常に有効な方法です。

 

どちらも効果としては、血流が良くなり
体に溜まった老廃物(いらないもの)が
外に運び出されます。

 

ですが、仮に痛みがある時、
または痛みを予防したい時、

どっちをするのが体に
とっては良いのか?

今回はそんなお話をさせていただきます。

ストレッチとマッサージその効果の違いとは・・・?

冒頭で書いたように、ストレッチも
マッサージも血流を促進する
という部分においては共通していますが

 

そのメリット・デメリットという
ことを考えると同じ効果があるようで
実は結構違いが見られます。

ストレッチのメリット・デメリット

まず、ストレッチは筋肉を伸ばす力
(牽引力)がかかるため、
冬場や体が冷えている状態でいきなり
行うのは怪我のリスクが高まります

 

また、筋肉は一枚で構成されている
わけではなく何重にも重なり合って
いるため、ある部分が硬くなっていると
本当に伸ばしたい筋肉を伸ばせない

ということにもなりかねません。

 

ストレッチのメリットは何より
自分でどこでもできるところ。

また、マッサージをする時も
表面の筋肉が硬くなってしまっている
場合は、先にストレッチをして
軽く伸ばしておくことで
マッサージで深部の筋肉まで
ほぐせる
 メリットがあります。

 

マッサージのメリット・デメリット

マッサージはストレッチよりも
即効性があります。

即効性というのはすぐに血流を
良くしてあげることができる
ということですが、

 

筋肉には熱産生させる働きがあるので
それによって、早く身体が温まります。

それに伴い、体の動きも改善するので
運動前は実はストレッチよりも軽めに
マッサージする方が効果が期待できますね。

Left Caption

院長

私、昔バンドやってたんですが
ボーカルの人は歌う前に軽く
ランニングした方が声が出ると
言ってました。
理にかなってますね。

まとめ

以上、ストレッチとマッサージの
メリット・デメリットを考えると

どっちが良い悪いと言うより

合わせて行うのがベスト

 

という結論になりますが・・・

 

運動をするならマッサージ

リラックスしたいならストレッチ

と使い分けることで
より効果が高まります。

 

そうは言っても自分でのマッサージは
がんばっても体の表面しか
なかなかできないので、筋肉を緩める
ということを考えると全身の体操を
してあげるのが効果的です。

 

また、ここのサイトでも簡単にできる
体操をご紹介させていただきますね。

お楽しみに(^-^)

こちらもどうぞ  ストレッチで猫背を改善させるにはどこを伸ばせばいいのか?