ストレッチをした翌日に痛くなってしまったら?対策と防止法

ストレッチの注意点として
「痛みがある人はあまり無理はせずに
行ないましょう」

みたいな注意書きを見たことがある人も
多いと思いますし、このサイトでも
そういったことは書いていますが・・・

Left Caption

はてな子

でも、痛いってどこまで大丈夫なの?
どこからがダメなの?
という疑問を持たれる方も
多いかもしれませんね。
今回は安全なストレッチについて
お話させていただきたいと思います。

ストレッチをして翌日に痛みが出る場合に考えられること

一番最悪なケースとしては、
肉離れ(筋肉損傷)があります。

静的ストレッチの場合は滅多に
ありませんが、反動をつけて行う
バリスティックストレッチなどは
いきなり勢いをつけすぎたりして
しまうことで肉離れが起こり得ます。

ただ、激しいスポーツなどでの肉離れで
ない場合は軽度なものがほとんど
なので、そんなに深刻に受け止める
必要はありません。

しかし、それがきっかけで数日間~数週間
ストレッチができなくなることで
せっかく習慣づいていたことが
途切れてしまうのはモチベーションの
低下にもつながりますよね。

肉離れかどうかはなかなか当人の
判断では難しいので、あまりに
痛みが数日以上続くようでしたら
速やかに病院・整形外科を受診
しましょう。

肉離れになってしまった時の応急処置

ストレッチをして翌日痛くなった・・・
ちょっと今日は痛くてストレッチは
出来そうにないという時は

自分で出来る応急処置があります。

それはRICE(ライス)処置 と
呼ばれるもので
R・・・Rest(安静)
I・・・Icing(冷却)
C・・・Compression(圧迫)
E・・・Elevation(挙上)

ストレッチで痛めた場合は、まず
その場所を動かさず安静にして
アイシングを10~15分程行いましょう。
ストレッチでの肉離れの場合は
挙上と圧迫はさほど関係ありません。

近くにテーピングなど出来る人がいれば
弾性包帯やテーピングでの圧迫をして
もらいましょう。

ストレッチで体を傷めないようにするために

毎日ストレッチをしていると、徐々に
体の柔軟性も出てきて、関節の可動域も
広がりついつい勢いづけてやってしまったり
ストレッチ強度をあげてしまいたくなる
かもしれませんが、

体を動かす前というのは、
体は固くなっている
ことを忘れないで下さい。

(腰や膝など、動き出しだけ痛いという
人はほぼそのパターンです)

ストレッチは【伸びれば伸びる程良い】
わけでは決してありません。

関節の動きには全て正常値があり、
それ以上でもそれ以下でも良くない
からです。

こちらにもストレッチの注意点を
書いています↓

こちらもどうぞ  ストレッチをする際に絶対に気を付けていただきたいこと5つ

 

ストレッチに正解があるとすれば
自分で【伸びてる】と感じれれば
それが正解
 です。

より負荷をかけた方が効いている
気がするのは当たり前です。
それだけ筋肉に伸展力が加わっている
わけですから。

ここだけの話、私がしている整体院にも
ヨガのインストラクターの方が
いらっしゃってます。

インストラクターである以上、多少
無理をしてでも見本にならなくては
いけないのと、

やりすぎてしまっていることで
体を痛めてしまう方が多いです。

まとめ

今回はストレッチをする上で
”どうすれば痛みが出ないか?”について
お話させていただきました。

もし痛みが出て数日続くようなら
速やかに病院・整形外科を受診する。

自分では安静にして、アイシングを行う。

くれぐれも「更に伸ばした方が
楽になるんじゃないか?」などと考え
痛みがあるのに我慢しながらストレッチ
することだけはやめておきましょう。

こちらもどうぞ  ストレッチの効果って実はもの凄いんですよ!効果まとめ7選!